薬剤を注入するだけの治療|えらがスッキリ!ボトックス小顔に挑戦【メスで切ることのない施術】

サイトメニュー

薬剤を注入するだけの治療

顔に触れる女性

費用は高いが効果が続く

ボトックス小顔はエラが張っている部位に、ボトックスという薬剤を注入する治療法です。小顔にするためには、顔についている脂肪などを取り除く治療が中心でしたが、ボトックスは薬剤を注射するだけという手軽さが他の治療法との違いです。ボトックスの効果は筋肉の動きを抑制することなので、脂肪ではなく筋肉がついて太くなっている部位を細くすることができます。そのため顔の中では小顔の治療として使われる場合は、エラが張っている部位だけに使用されます。ここには食べ物を噛む時などに使われる咬筋という筋肉があり、筋肉の大きさによりエラが張っているように見えることがあります。誰もが咬筋を持っていますが、歯を噛みしめる癖などがあると、普段から筋肉を緊張させていると筋肉が大きく発達していきます。食べ物を噛むだけであれば、そこまで筋肉は必要ありません。そのため、筋肉を故意に動かない状態にすることで、その状態を続けているうちに筋肉が落ち小顔効果を出せます。これがボトックス小顔の仕組みです。こういった治療法なので、薬剤を注入したからといってすぐに効果が出始めるわけではありません。最初はなにも変化がありませんが、その状態で普通に生活をしているうちに徐々に小顔効果が出てきます。すぐに効果を出したいという人には不向きかもしれませんが、人に知られずに整形したいという人には最適です。ボトックス小顔ならば、注射をするだけなので、治療の際に顔に傷がつきません。そのため、整形をしたということが、人にばれてしまうこともありません。ボトックス小顔はボトックスを使う量が多いということで、シワとりの治療よりも多少価格が高い傾向があります。クリニックによって費用には差がありますが10万円から30万円程度のところが一般的です。ボトックスは顔のシワとりでも使われていますが、この場合には使用する量がボトックス小顔よりも少ないため、もう少し安くなる傾向があります。しかし、ボトックス小顔は一度施術を受けると半年ほど効果が持続すると言われています。ボトックスの効果は永久に続くことはないため、効果を持続させようと思うと、何度も施術を受ける必要が出てきます。シワとりとして使用する場合には、シワを消した状態を続けるためには数カ月ごとにボトックスを使う必要があります。それに比べるとボトックス小顔は、持続時間が長く、場合によっては1年ほど効果が続くこともあるようです。そして、小顔効果を持続させるためには、何度か施術を受ける必要があることは同じですが、ボトックス小顔の場合には3度ほど繰り返すと、効果が長続きするようになります。ボトックスの効果が続く時間は個人差があるので、誰もがそうだとは言えませんが、シワとりに比べると効果が続きやすいという特徴があることは確かです。そのため、中には何度かボトックスを使った後、何もしないでも小顔をキープできている人もいます。そういった治療法だと思うと、多少費用が高くても効果が大きいと言えます。上手に使えば、思った以上の効果を得られる可能性があるので、今後のことも考えながら治療を始めるようにしましょう。

Copyright© 2018 えらがスッキリ!ボトックス小顔に挑戦【メスで切ることのない施術】 All Rights Reserved.